集団ストーカー撲滅掲示板 15570

いじめ虐待、盗聴盗撮、集団ストーカー被害(テクノロジー犯罪)周知など対人関係で困っている事、悩んでいる事等、ページの最下記の新規スレッド(分かり易いタイトル)追加して投稿OK。(注意)出会い系や勧誘メール誘導等、同題名執拗的投稿は内容確認後全て削除します。ポリス許可有


集スト被害/対応策/音声送信/音声会話/頭圧迫/電磁波

1:集スト被害/対応策 :

2016/07/22 (Fri) 17:26:01

◆床からの電磁波対応策

床からの足の裏(足底)で熱感(電磁波攻撃)を感じたら、氷水で冷やしたり、アンメルツを塗ったり、冷湿布(シップ)を張ってみて下さい。
頭への熱感(電磁波攻撃)アイスノン、アイスベルト(頭と首用)等で冷やしてみて下さい。
とにかく、冷やす事を考えてみて下さい。
____________________

◆音声/音声送信/音声会話/音声誘導の対応策

①音声内容を静かに冷静に集中して記録として書いておくと良いかもしれません。メモ書きでもかまいませんが、ノートに書くと良いと思われます。
(音声会話は、なかなか無理な事かもしれませんが、出来る限り証拠を残して下さい信用されないからではなく記録に残す事が大切です)
また、音声や音声送信がICレコーダーで録音出来るか試してみて下さい。
音声や音声送信が録音できれば、現実の人間の音声です。録音できない場合はただの音声送信かもしれません。

②音声が記録できない場合は、ICレコーダーで自分の声で録音してみて下さい。
(出来るかどうか迷ったりするかもしれませんが、出来る限りでいいです)
音声が始まったら、イヤフォンをつけて聞く、加害者の音声を聞くのではなく、自分の声での音声で聞いてみて下さい。
思考盗聴されている場合、加害者(集団ストーカー犯罪者)に伝わるかもしれません。

③緊急用の呼子笛(よびこぶえ:安いものでかまいません150円程)を購入し、音声、音声送信、音声会話、音声誘導がある時に緊急用の呼子笛を吹き何度か鳴らしてみて下さい。
聞こえてくる音声が、徐々に減少するみたいです、ですが長く鳴らさない、緊急用呼子笛の音に合わせてくる音声がある場合、小刻みに何度か鳴らして試して下さい。

色々と試していました。現在:この3点での対応をしています。
出来ない方もいるかもしれませんが、一度試してみたらいかがでしょうか

警察官にも情報として伝えています。
2:匿名希望さん :

2016/09/14 (Wed) 07:39:49

◆頭の圧迫感(前頭葉、側頭葉に圧迫感)
タオルやヘッドベルトなどで、鉢巻のように強く巻いてみて下さい。
自分で圧迫する事で、少し楽になりようです。
3:私の意見 :

2017/07/28 (Fri) 09:06:45

私も集団ストーカー(Targeted Individuals)の被害者ですが、感じた事や気付いた事をこちらに書かせて頂きます。
少しでも被害者のお役に立てればと思います。

「音声送信」

1.部屋の壁や天井に「カチッ、カタッ」と音が鳴るケース

屋内配線(電源コード含む)、或いは、近所の電線から電磁波を家の壁などに当てて音を立てていると考えています。
攻撃者の位置は不明(近所、或いは、衛星や軍用機から遠隔操作?)

2.それ以外の音が鳴るケース

パソコンやモニターのスピーカーを通じて音声を流されていました。
OSはWindowsですがパソコンもリモートで監視されている可能性があります。
NSAがハードディスクにプログラムを埋め込んでいてウィルスソフトで検出できないソフトウェアがあるという噂も。

具体的には、夏に突然風鈴の音色が鳴りだしたり、家の屋根に何かが落下したような音も鳴りましたが、パソコンの音声ボリュームを下げたら鳴り止みました。

NSAが作ったソフトでインターネット経由で音声データを送っているか、遠隔から電波により音声データを送っているか。

アパート等に住んでいる方で角部屋ではない方は、両隣の部屋の住人も加害者の一味だと思うので、両側の壁に何かを仕掛けられていて音声を流されている
可能性もあります。

「神経攻撃」

突然、頬っぺたの下辺りに激しい痛みが走った事があります。
同時に、近所から笑い声が聞こえたので、近所からV2K等の兵器で攻撃されたかもしれません。

「お腹が鳴ったり、骨が鳴ったりする」

予想ですが、これも屋内配線や近所の電線からの電力を使い、遠隔でターゲットの身体に当てていると思います。
また、頭部に電磁波を当てることで、それに応じた体の部位で音を鳴るのかもしれません。
この被害に遭う人は、身体のどこかにICチップ(RFIDなど)
が埋め込まれている可能性が高いと思います。
米粒くらいの大きさらしいです。

「全身がビリビリする、地面から電磁波が出ているような感覚」

これは、おそらくターゲットの身体に対して
電磁波を照射されていて、全身が振動していると考えられます。
磁石を身体に貼ることで振動を抑える効果が期待できるかもしれません。
足の裏等に貼ると痛みが和らぎます。
これを浴びた日は、尿が泡立ちます。
おそらく振動で泡立ったと考えられますが、同時に尿酸値が上がっています。
尿酸値が高くなると訴える被害者が多いようです。
これもICチップが身体に埋め込まれているからこそ出来る芸当かもしれません。

「黒幕について」

日本でのこの犯罪の黒幕は日本政府(防衛省や公安や警察)だと思います。
世界的な黒幕は、イエズス会だと思います。カトリックです。
この男子修道会はアメリカをはじめ、世界中の国々の諜報機関や軍隊を支配しており、大統領や君主が彼らの操り人形になっています。
どうやってそうなったかは、ある特定の国を支配してから、それらの国を使って次の国を支配し、最終的に現在の先進国は全て彼らが支配しています。支配と同時に、彼らの操り人形にその国を支配させます。日本で言えば、明治天皇やそれ以降の天皇も。政治家や官僚も。
従って、世界的にこのような芸当が可能となります。
4:私の意見 :

2017/08/02 (Wed) 12:23:31

脳波の監視と人体実験について

集団ストーカー(Targeted Individuals)は脳波を監視されたり、操作されたり、視覚と聴覚の信号を盗まれていると思います。

RFIDが体内に埋め込まれているか、そうでなければ何らかの方法で遠隔からターゲットの頭に電磁波を照射し、双方向の通信を行っているようです。
何もしなければ常に接続されている状態だと思います。

それによりターゲットの脳波をモニタリングし、のような体質か、持病があるか、などを調べる事ができるそうです。
また、脳波を送信することでターゲットの脳に命令を出し、関節や骨やお腹などを鳴らすことができるようです。

また、睡眠妨害を受ける人が多いと思いますが、これもターゲットの脳波をモニタリングしていて、睡眠状態(深い眠り、浅い眠りなど)が分かるようです。

そして、ターゲットが寝そうになると遠隔から脳波を送信して関節を動かしたり、空気口(口、鼻)を閉じたりして叩き起こしているようです。

音声送信は、ターゲット付近にあるパソコンやオーディオのスピーカー
を介して行われたり、軍の音響兵器が使われることも稀にあるかもしれませんが、音声信号を脳波として送信され、音が聞こえるケースも、ひょっとしたらあるかもしれません。

RFIDが身体に埋め込まれていた場合、どのような役割を果たすかについては
憶測の域を出ませんが、GPSとして利用されていること以外に、脳波の送受信という機能がチップに含まれているかもしれません。
その場合は、ターゲットの脳と通信ができるように脳に繋がった神経に接続されていると思われます。もしそうであれば、ターゲットは完全にモルモットとして人体実験の道具にされています。

RFIDが埋まっていても、そうでなくても、水中に居れば電波が届かないそうです。
全身をアルミニウム等で覆うことは難しいですが、お風呂等で水中に入れば一時的に隠れられるかもしれません。
5:私の意見 :

2017/08/02 (Wed) 23:13:51

こちらは、某企業によるレーダー技術の特許です。
壁を透視してターゲットの頭部に電磁波を照射し、追跡できる技術とのことです。

http://www.geocities.jp/tappingtech/tokkyo.html

このような特許が既に存在しています。
集団ストーカーの被害者は、大企業の人体事件の道具になっているかもしれません。
既に犯罪の域を通り越しています。極めて悪質であると思います。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.